バグフィルターろ布交換・洗浄


集塵機・バグフィルターのメンテナンス TOP > バグフィルターろ布交換・洗浄
バグフィルターろ布交換・洗浄でお困りはありませんか?
当社は、バグフィルターろ布交換・洗浄専門会社として、安心できる技術力を備えています。
お困りの方は、まずは一度ご相談下さい。
ろ布洗浄へのこだわり
当社のろ布洗浄は、穴が開いていたり、ほつれの無い使えるろ布を選別して、使えるろ布のみを洗浄致します。
作業料金は、使えるろ布の洗浄分だけ頂きます。
誤って使えないろ布を洗浄しても、その分の料金は頂きません。
ろ布を洗浄するだけでも、5年以上新品に替えることなく使えている企業様もございます。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

※使用頻度、使用状況によって耐用年数は異なります。
ろ布交換のメリット
ろ布交換のメリットについて
ろ布交換作業の流れ
バグフィルターの ろ布は消耗品です。
使用状況により破損、劣化すると、有害物質などを含んだダストを施設外に排出してしまう恐れがあります。

この様になる前にろ布の交換作業が必要です。
当社のろ布交換作業は以下のような流れになっております。
  1. 1.お見積り

    形状、材質、予定本数の確認ができれば取り急ぎ、ろ布の簡単なお見積りが可能です。
    作業場所等の情報を確認後、交換工事のお見積りもいたします。

  2. 2.ろ布製作

    詳細な現地施設の調査を行い、施設にマッチしたオーダーメイドのろ布の製作にとりかかります。

  3. 3.打ち合わせ

    バグフィルターろ布交換工事は、施設を停止しなければならないため、あらかじめ細かい打ち合わせが必要です。

  4. 4.作業準備

    パルス洗浄を行って、なるべくダストを落としておきます。
    資材の搬入が終了したら、作業の準備に入ります。

  5. 5.現場の養生

    施設内を養生することにより、ダイオキシン類を含んだダストが外部に流出するのを防ぎます。

  6. 6.点検口開放

    集塵機の上部に上り、点検口の開放を行います。
    ろ布の取り外し、取付けは、ここから行います。

  7. 7.リテーナー抜き取り

    点検口を開け、リテーナー(保持器)を抜き取ります。
    リテーナーは、腐食及び歪みのチェックをしながら実施します。

  8. 8.既存ろ布の取り外し

    ブローチューブを取り外し、リテーナーを抜き取った後、ろ布を取り外していきます。

  9. 9.新規ろ布の取り付け

    ろ布を取り外し、集塵機内を清掃した後、新規ろ布を取り付けます。
    ろ布取り付け後に再びリテーナーを取り付けます。

  10. 10.ろ布の間隔調整

    集塵機が効率よく作動するよう、吊下げ間隔の調整を行います。

  11. 11.パッキンの取り付け

    点検口のパッキンは、長期間の使用で痛みが激しくなってきます。
    パッキンが破損していると、空気が漏れこみ、集塵機の能力が落ちてしまいます。

  12. 12.試運転確認&性能測定

    試運転時に、通常の運転で問題がないか細かくチェックします。

  13. 13.使用済みろ布の処分

    交換したろ布の処分は、お客様にてお願いしております。

    ※当社で処分を行う場合は、
      有料になります。

  14. 14.業務再開前の確認

    工事前と同じ能率で集塵機の運転が可能かどうかを確認します。
    通常運転再開後に発生した不具合などありましたら、すぐにご連絡下さい。

株式会社田中設備機工

〒581-0084
大阪府八尾市植松町4丁目8-25

電話・FAX番号

ご相談・お見積り24時間365日無料受付

ご相談へのリンクボタン